手術で出来る視力矯正が、あなたの視界をクリアにする

 

代表的な手術

レーシック

レーシックは、ボールなどを常に見つめ、激しく体を動かすことになるスポーツ選手などがよく受けている視力矯正で、それを見て知ったという人も多いはずです。体を動かしているとメガネは邪魔になることがあるし、コンタクトレンズも眼球の上を滑ったりすることが間々ありますから、コンディションを最良に保つためには、やはり裸眼の視力が高いほうがありがたいわけです。
レーシックは、視力が下がった人の目に起きている角膜の異常を修正する手術です。角膜は目で見る物を受け止める役割を果たすもので、角膜に映った映像が水晶体を通り、ガラス体を経て網膜に送り届けられ、それが信号化して視神経から脳に伝達されることで人は「見る」ということが可能になっていますが、最初の出発点である角膜の屈折度合いが異常になり、その結果、物の姿かたちを正確に捉えられなくなってしまうのです。
レーシックは、レーザーを使って角膜の屈折度合いを正常に戻す手術です。眼球がしっかりとした映像をとらえられるように、角膜を作り直して視力矯正を実現する手術であると言ってもいいかもしれません。

フェイキックIOL

フェイキックIOLは、もともとある眼球の組織を作り直すものではありません。眼球が正常に物を見ることが出来るように、人工の部品を足すのがこの方法なのです。具体的には、メガネのレンズやコンタクトのレンズのようなレンズを、眼球に直接はめ込むというものになっています。ちょうど角膜と水晶体との間にすべりこませ、固定して、角膜から水晶体に映像がうつされるとき、レンズを通すことでそれがハッキリするようになるのです。
この視力矯正の場合は、原理としてはメガネやコンタクトと同じですが、メガネやコンタクトにあった手間を考えなくてもいいというところに特徴があります。激しく動いたときにメガネが顔から飛んでいくこともないし、いちいち寝る前にコンタクトのようにはずさなくても大丈夫なのです。目の組織に馴染みやすい素材で作られ、弾力があって柔軟性も高いので、ずーっとつけていても違和感がありません。何かを着けていると意識することなく一生つけ続けていられるレンズを使った視力矯正なのです。

Copyright(c) 2015 手術で出来る視力矯正が、あなたの視界をクリアにする