手術で出来る視力矯正が、あなたの視界をクリアにする

 

フラップ作成

フラップの作り方

視力矯正をレーシックでやってもらうとき、手術中は何が行われているか見ることは出来ません。そもそも見るための目をいじる手術なのだし、目はゼロ距離にあるものをしっかり見ることはできないという性質を持っています。限界まで近づけた本の文章を読むことができないことを思えば、それも理解できるでしょう。
レーシックの手術で行われているのは、顕微鏡で見れば何層かに分かれていることがわかる角膜の、保護層の部分に切れ込みを入れるところから始まります。角膜の異常をただして視力矯正を完成させるためにはその実質層に対して作業を行わなければいけません。水晶体の真上の部分の、保護層を円形に切り取り、ただし完全には切り離さずに一部分だけ残して開け閉めが出来るフタのようにしておいて、むき出しになった実質層にレーザーを当てるのです。このとき、フタのようになった部分は「フラップ」と呼ばれます。フラップの語源は、「パタパタはためく」という意味の英単語Flapからきています。角膜の実質層にレーザーを当ててその異常を解消したら、フタを閉じるように元に戻し、自然に癒着するのを待つことになります。
この部分を完璧につくることこそ、視力矯正を成功させるために必要なことです。

イントラレーザーとマイクロケラトーム

上の段には「顕微鏡で見ればわかる角膜の層」みたいなことを書いていますが、視力矯正のための作業の中でも、保護層の部分だけを綺麗にはぎ取り、実質層を残すというのはなかなか難しいことです。もちろん、お医者さんがメスを片手にかがみこみ、手作業で行うということは出来ません。どんな名医であろうと、それはほとんど物理的に不可能なことなのです。もちろん、精密な作業を行うための機械が登場します。
イントラレーザー、マイクロケラトームというものです。前者はコンピュータ制御による正確無比な作業で知られる機械。後者は、人の操作によってフラップ作成を行う機器……というふうに書いてみるとイントラレーザーのほうが優れているように思われますが、もちろん技倆の差はクリニックによって違うものです。イントラレーザーを採用しているからといって、ちゃんとフラップを作れるという保証はありません。最終的には、たくさんの実績を持っていて、お医者さんの腕前も良いとされていて、さまざまなきめ細かいケアを行うクリニックに行くべきだということになるでしょう。

Copyright(c) 2015 手術で出来る視力矯正が、あなたの視界をクリアにする