手術で出来る視力矯正が、あなたの視界をクリアにする

 

目の若返り

カムラインレーで若返り

今、私たちは「若返り」をすることが出来ます。年をとっても、見た目にはそれがわからないような感じにすることが出来るのです。
たとえば、美容外科の仕事を見てみるとそれはすぐに分かるでしょう。美容外科では、年を取ったことで変化した皮膚の感じを、若い頃のものに戻すことが出来ます。お肌に潤いを与えたり、ふくよかな感じを取り戻させたり。大小さまざまのシワを消し、たるみを引っ張りあげ、見た目を若々しくしてくれるのです。眼科クリニックの視力矯正の手術の中にも、この「若返り」の要素がいくらかあります。たとえば、眼科クリニックで行われているリーディングアイという手術は、老眼という状態をもとに戻すことが出来る特別な視力矯正です。「年をとった人の見え方」を「若い人の見え方」に戻す視力矯正……まさしく、若返りそのものです。
この手術で使われるのは「カムラインレー」というちょっと不思議な舌ざわりの名前を持つ器具。フェイキックIOLという視力矯正の手術では、人工のレンズを眼球に組み込む作業が行われますが、老眼治療のリーディングアイは、カムラインレーという器具を、眼球にはめ込みます。

ピントを合わせる

カムラインレーは、見たところ五円玉のような形状をしているリングです。中央に穴があいていて、大きさはちょうど眼球の黒目より一回り小さいくらい。この器具は、まさしく黒目の上に置かれるようにはめこまれます。リングの中央に開いている穴を通して物を見ることになるわけですが、もちろん眼球とゼロ距離でくっついているリングの穴ですから、つける前と後で視界の広さが変わることはありません。ただ変わるのは「よく見える」ということだけ。
老眼は、眼球が見る像のピントを合わせて網膜に伝える水晶体という組織が、柔軟性を失ってピントを合わせられなくなることから起こります。
カムラインレーをつけると、そのピントを合わせる能力を取り戻すことが出来ます。そうして、老眼になる前のように、近くのものも遠くのものも、きちんと見ることが出来るようになるのです。

Copyright(c) 2015 手術で出来る視力矯正が、あなたの視界をクリアにする